YOSHIの毒食らわば皿まで!

アクセスカウンタ

zoom RSS GOEMON試写会

<<   作成日時 : 2009/04/22 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



先日、GOEMONの試写会が当たったので行って来ました。


キャシャーンの紀里谷和明監督という事で、公開予定のビラが配布された頃からとても期待していたのでかなりハードルが上がった状態で観たのですが、それを充分過ぎる高さを持って越えてくれた映画だと思いました。


間違いなく、邦画アクションではナンバーワンだといえる作品では無いでしょうか。

【あらすじ】
〜1582年、天下統一を目指した織田信長は、その夢目前にして、家臣、明智光秀の謀叛により本能寺で暗殺される。

しかし、信長の右腕であった豊臣秀吉が、その数日後に光秀を討伐。

その功績をもって信長の後を継ぎ豊臣政権を制定する。

世は火種を残しつつも、一時の平和を謳歌していた。

そこに、現れる一人の盗賊。

名は石川五右衛門。

金持ちから盗み、貧しきものに分け与える英雄に庶民は熱狂する。

ある夜、盗み出した財宝の中に南蛮製の箱を見つける五右衛門。

その箱の中には秀吉が信長暗殺の糸を裏で引いていた事の証拠が隠されていた。

明けてはならない禁断の箱「パンドラの箱」。

自らの野心を果たすべくその箱を追う、石田三成と、光成に使える忍の霧隠才蔵、そして徳川家康と最強の忍者服部半蔵。

今ここに真実を巡る壮絶な戦いが始まる。〜


安土桃山時代を独自の観点から解釈した物語は重厚かつ濃密。


その物語を固める俳優陣が個性派揃いで、それぞれが主役級を務める俳優ばかりで、また劇中はそれらの俳優の全てに見せ場があり、その魅力を余すことなく俳優の魅力を引き立てていたと思います。


それぞれの登場人物がそれぞれの信条に従い生きる様はとてもリアルで心に響きました!


GOEMON


この映画は邦画の歴史に名を刻む名作だと僕は思いました。


+++++++++++++
【SKULLGAME/スカルゲーム】
Web :http://skullgame.net/
+++++++++++++





コスベイビー GOEMON セット2 「友情」 五右衛門(甲冑)& 才蔵
ホットトイズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GOEMON試写会 YOSHIの毒食らわば皿まで!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる