【童心】

今日、十年以上振りくらいに中学校の頃の友達に会った。
やはり同窓の友は懐かしく、それだけで良いモノだ。
不思議と空白の十年間が全く無かったモノかの様に、まだ昨日か一昨日にでも会ったばかりかの様に自然に話せた。
それに加えて更に良かったのは、その友人が上を目指している人間であったという事だ。
彼はマネージメントやスポンサー業をやりたいらしく、現在は広告代理店に勤めながら爪を研いでいるらしい・・・。
そして、お互いにすこし将来の事を話したしたが、うん。お互い先の道でどうなるかは分からないが、あぁいう人間が存在している事自体がとても心強いし、同窓生としてとても誇りに感じた。
正直この年になってくると周りの人間は自分の限界を自分で設定し、どこかにナニカを置き忘れてきた、というか封印してしまっているというか・・・そう!簡単に言うと「子供心を亡くしてしまっている人達」が多くなって来ている様に感じる。
僕は、子供心とは決して大切なモノや守るべきモノの多さには反比例はしないと思う。
何かの映画で「人生を楽しく生きるコツは子供心を亡くさない事だ。」という台詞があった。
僕のように頼りなく、克つわがままな人間に愛想を尽かさずに長い間連れ添い、付いてきてくれているヒトがいるのだが、彼女に言わせると僕は「子供心を忘れていない」人間の一人らしく、それが彼女が僕に対して感じる魅力のほぼ100%を占めているのだと言う。
それはそれでどうなの?と思ったりもするが、まぁ、それの示している意味によって、僕はまだ今の僕のままで生きている事を許されている様で少し安心したりもするのである。
あなたは「子供の心」持っていますでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック