99%の汗と1%の閃き

画像


発明家のトーマスエジソン曰く

「天才とは99%の汗と1%の閃きである」

らしいですが、実はその言葉というのは

「1%の閃きがあれば99%の努力も苦にならない」

という事が言いたかったそうです。

巷には「楽して儲ける」的な話が氾濫していますが、あ~ゆ~のに引っかかる人はどういう思考回路をしているのかを知りたいです。

物事は全て原因と結果があり、因果は応報します。

額に汗した分だけ返ってくるのが必然。

歴史に名を残す偉人で「楽して儲けた」人を僕は知りません。

まず、「楽して儲ける」話を自分自身が知っていたと仮定して、熟慮した結果ですが・・・絶対に他人には教えません。

ただでさえ足元をすくわれるかもしれない競争社会の中で、「楽して儲ける」状態にいるとして、自分は頭一個分飛びぬけているのにわざわざライバルを増やすメリットと、自分の取り分が減るかもしれないリスクを背負う必要性が全く見出せません。

と言う事は、他人に教える事で発生するメリットがあるという事です。
そう、それは「教えた相手から搾取できる」というメリットです。

という事は、その教えられた人間が次に教える事で発生する搾取。そこには信頼関係なんて毛ほども存在しません。

そんなくだらない物に友情や信頼関係を天秤にかけられるという時点で圧倒的なEQの低さが伺えます。と同時にIQの低さも。

極論、自分の身に起こり得ない事なので、あくまでも他人事だと割り切れば苦にはならないのですが、そういうのに必死な人を知人に見かけると「あぁ・・・」ととてもがっかりします。

「アホやなぁ、あと何回、目覚める事が出来るか分からん人生を無駄に過ごしてかわいそうやなぁ」って感じるのです。

1%の閃きさえあればそんな事にはならないのだろうに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック