楽天カンファレンスにて

先週、社長に連れられて、楽天のカンファレンスに行って来た。

カンファレンスとは、楽天市場で出展しているショップの店長たちが集まって行う懇親会の様な楽天の主催する催しもので、ショップの店長同士がお互いの情報交換などを行ってたりすのだが、その中のイベントのひとつに、楽天の社長の三木谷の講演が30分ほどあった。

さすが、情熱大陸やらテレビとかで取材されて認知度が高い人物だけあって、単なる講演にもかかわらず、本人が会場に入ってきた時は携帯のカメラの音が鳴り止まないほどだった。

講演なんだから話を聞きましょうよ・・・と少し思ったが、講演の内容もとても興味深いもので、全体的には、これからのEコマース市場は世界を視野に入れていく必要があるというような内容だった。

講演が終了し、次はメインの懇親会が行われた。立食パーティーで、各々のショップの店長同士が交流を深める場だが、会が半ばになると、昨年の優秀ショップの店長の表彰が始まった。

今までその様な表彰が行われているのは知っていたが、それ自体に何の意味があるのかは甚だ疑問であった。しかし、実際にそれを目にすると「数多くのショップの店長の中で表彰台にあがる」という事に大きな価値を感じた。

壇上から自分の席までは数メートルしかないが、そこへは大きな努力を積み重ねることでしか到達できないとても大きな距離を感じた。

ここにいてはいけない、社長をここにいさせてはいけないと、悔しい気持ちがこみ上げてきた。

僕は現在、自分の行っている活動意外に会社に所属し、働かせてもらっているのだが、何としてでも社長をあの壇上に上がらせたいと思った。

部活動も陸上の個人競技だったし、群れる事に意味を感じない団体行動がとても苦手な協調性の無い人間だが、誰かと意思と目標を共有し、そしてそれをやり遂げるという事は、自分のこれから行っていく活動自体にとっても、大切な何かが得られるような気がした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック