【頑固者yoshi】

「頑固」である事は決して悪い事ではないと思う。
しかし、その頑固にも種類がある事を知っておかなければならないと思う。
自らが持つ理念から起こる自分自身のルールの基に、自分自身の「納得」という目的を得るために突き通す手段としての頑固と、「自分は他人とは違う、特別だ!」と思い込み、他人との差異に重きを置き、それ自体が目的となってしまっている頑固とではその建設製、社会への貢献度に大きな差が生じると思う。
大切なのは「調和」と「開拓」のバランスである。しかし、同時にそれはとても難しいもので、僕もともすれば盲目になっている時がある。だからこそ、それを常に意識する客観的な視点が必要になってくる。
大切なのは「差別化」ではなく「独自化」なのである!

"【頑固者yoshi】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント