「2つのlove」

画像


日本文化の優れている点は、「love」という概念を「愛」と「恋」の2パターンで捉えられる処だと何かの本に書いてあった。

「恋」とは、自分が主体で相手の事を想う心。

「愛」とは、相手が主体で相手の事を想う心。

簡単に言うとそんな様な事だ。

最近になってこの違いに対して「なるほど」と考えられる様になったのは、一つの心の成長だと感じた。

しかし僕の場合、それは同時に、「愛したい」と頭で考えながらも所詮は「恋」でしかない自分の心を認識してしまう事でしかなく、「ジレンマ」を生み出す結果となってしまっている。

「愛する」という事は深く考えれば考える程難しい事だと感じる。

でも、だからこそ、この世界で唯一、本質的に、そして絶対的に価値のある事なのではないのだろうか?と僕は確信している。

エラそうな事を言いたくはないし、言うつもりも無いが、この僕の言葉が、「愛する事に臆病になってしまっている」僕の親愛なる旧友に届けば良いなと想う。


【SKULLGAME】
MAIL:skullgame@hotmal.co.jp
URL:http://skullgame.net

"「2つのlove」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント