「軍事企業の社長にして天才科学者 トニー=スターク」

画像


「アイアンマン」を観てきました。

トニー=スタークという、軍事企業の社長にして天才科学者という設定の主役(写真の一番右上の割と悪そうな面構えのお兄さん)が「死の商人」から「正義の味方」へと180度変貌する様を描く映画です。

僕としては、マーベルヒーローの中ではあまり好きなデザインではないアイアンマンですが(空を飛ぶ時もキューピーちゃんみたいに飛び始める)、映画の内容はというと、冒頭の緊張感のある展開や、VFXアクションの演出のかっこよさや、いい加減さ爆発(ヒーローにあるまじきな軟派さ加減)の主役のトニー=スタークという男の人間くささなんかもとても好感がもてました。

主役のトニー=スタークを演じるロバートダウニーJRは、今までは僕はあまり聞いたことがない俳優さんでしたが、アイアンマンのヒットで、「ハリウッドで今一番気になる俳優」と言われるまでになったそうです。ちなみに最近では「ゾアディック」というサスペンス映画に出演していました。

すでに続編の製作が決定しており、今作のエンドロール後、最後に出てきたサミュエルLジャクソンとの絡みがどうなるのか今から楽しみです。

"「軍事企業の社長にして天才科学者 トニー=スターク」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント