エビバデワナシ~

天国を目指すのはとても困難です。

そこは全ての人が望む到達点なのに臨める人はごく僅かに限られています。

天国とは宗教的な意味でも場所でもなく、「状態を指す言葉」だと考えています。

したがって、天国は誰もが目指す事を許されているはずです。

しかし、天国に到達したとしても、その状態を維持するのは地獄なのです。何故ならいとも容易く堕ちる事ができるから。

しかも、再び昇るのは困難なので、恐怖は耐え難いものとなります。

天国と地獄はまさに一身一体といえるでしょう。

地獄を知るものは天国に憧れ天国を知るものは地獄に怯える。

死をしれば生を知るように生を感じれば死を感じます。

全ては均衡を保つべく存在しているとさえ思えるのですが、その理を受け入れる事が、或いは救いに繋がるのではないのでしょうか。

"エビバデワナシ~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント