ICHI

画像


綾瀬はるかの”ICHI”を観てきました。

北野武の”座頭市”と比べるのもでもないですが、北野武の”座頭市”があまりにも優れている映画なので、綾瀬はるかの可愛さ以外は別段目新しい感じでもなかったです。

CGの魔術師と言われる曽利文彦監督の作品なので”ピンポン”の様なぐっとくる見せ場を期待していたのですが、正直あまり期待に応えてくれた感は無かった感じでした。

他人の造った作品を批判するのは簡単で、造るのはとても難しい事ですが、期待してくれているお客さんがいる以上、それに応えてナンボの商売なのでは?という考えも同時に生まれました。

また、それは自分の活動にも同時に言える事だと思って身の引き締まる思いでした。

"ICHI" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント