アメリカンギャングスター

画像


1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボスの亡き後、東南アジアの麻薬を密輸する計画を決行する。時に横暴ともいえる強引なやり方で財力をつけたフランクは、マフィアにも一目置かれる麻薬王として街に君臨する。

1970年代のニューヨークを舞台に実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスの半生を描く犯罪サスペンス。

『グラディエーター』のリドリー・スコット監督がメガホンを取り、しがない運転手から麻薬王にまで上りつめた男の一代記を骨太に描く。

主演はオスカー俳優のデンゼル・ワシントン。彼を追う刑事を同じくオスカー俳優のラッセル・クロウが演じる。

劇中で、デンゼル・ワシントン演じるルーカスは当時泥沼状態となっていたベトナム戦争に乗じて、産地から直接高純度のヘロインを買い付け、”より良い品をより安く”をモットーに作り上げた「ブルーマジック」という麻薬で、当時の麻薬市場を席巻し麻薬王にまで上り詰めたのがだ、ジャンルはどうであれ、商売をする上でその考え方は共感できると思いました。

また、「実力の無い奴はやたらと見た目を飾り立てたがる」とチャラチャラした格好のいとこを諭す、紳士的なルーカスの身なりは、決して派手では無いけど上質なスーツをパリッと着こなしていてとてもお洒落で、カッコイイと思いました。

"アメリカンギャングスター" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント